ヨーロッパにはAセグメントというカテゴリのコンパクトカーが人気があります。

日本では軽自動車という規格があるのであまり一般的ではありませんが。

このアイゴ(AYGO)はトヨタが欧州市場をメインに向けて開発販売するAセグメント車です。

サイズ的にはパッソぐらいになるでしょうか。

日本では女性向けのかわいらしいデザインになりがちです。

アイゴはちょっと攻撃的な感じで、走行性能の高さを小さくてもアピールしているようです。

Bセグメントのヴィッツが日本でよく出るサイズですが、ヴィッツでもまだかわいらしいデザインですね。

このあたりの価値観は欧州と日本で異なるようです。

ちなみにヴィッツは欧州ではYaris(ヤリス)という車名で販売されています。

エンジンルームも小さくて頼りない感じです。

室内は非常にシンプルで、ある意味安っぽい。

このインテリアの出来だと日本では売りにくいですね。

写真の車体はオートマチック車のようですが、欧州ではマニュアルトランスミッションもまだまだ主役です。

ナビゲーションシステムもシンプルに配置されています。

ホワイトグリルのツートンカラー仕様も用意されています。

歌舞伎を連想させるデザインですね。

トランクルームはちょっと小さいですが、日常の買い物は十分。

ものによっては軽自動車より小さいかもしれません。

こちらが欧州ヤリスですが、これはハイブリッド仕様です。

欧州ではハイブリッド専用Bセグメントのアクアが販売されていませんから、このヤリスハイブリッドは重要となります。

Cセグメントワゴンのオーリスツーリングスポーツです。

こちらもハイブリッドシステムが搭載済みです。

プリウスとおなじユニットですね。

具体的な市販型が想像しにくいコンセプトカーです。

最近、トヨタが推していますね。

FCVコンセプトのような燃料電池車も市民権を得ていくのでしょうか。

インフラの問題はなかなか解決できそうにありません。

まだまだ石油も枯渇しませんし、温暖化も最近は進行が鈍化しています。

FCVのシステムはなかなか複雑で、燃料タンクも安全性を考えると、小型軽量化が難しそうですね。

このようすだと、EVのほうが有力に感じます。

バッテリー関連業界の投資も活発になっており、大きな技術革新が期待できます。

トヨタの欧州ハイブリッド車

ヨーロッパはディーゼルからハイブリッドへ

アウディA1は小さすぎる

ホンダの新型シビックは売れるのか

トヨタが欧州でシェアを伸ばす

ハイブリッド車へシフトする欧州市場

ハイブリッド技術、バッテリー技術の日系企業が好調

日産ホームページ

トヨタのハイブリッドは欧州でも売れる

トヨタはジュネーブモーターショーで存在価値がある

BMW Z4とスープラ

ハイブリッドで先行するトヨタが有利

N BOXもセンタータンクレイアウト採用

レガシィはこれからも米国向け